前へ
次へ

肩こりを治すためにできること

肩こりは病院に行き、薬物を使って治療できますが、エアコンなどを使って室内の温度を一定に保つことでも防ぐことができます。薬物治療を行いながら、エアコンを使っていると普通に生活していて肩こりに悩まされることはまずないといえるでしょう。もし肩こりが続くようであれば、医師に生活スタイルを説明し、薬を変えてもらえるかどうか聞いてみるべきです。日本は医療先進国だと言われているため、ほとんどの治療は医療品を使うことで実現できます。フィリピンやシンガポールでも薬物を使った治療法は一般的だと言われていますが、日本では外科治療も服薬と同時に行えることから、仕事に支障の無いように治療できる場合がほとんどといえます。服薬することで肝臓に負担がかかり、体がむくみ、仕事に支障が出てしまったということが無いようにするために、外科手術を行ったり、トレーニングを行ったりすることができます。国の負担にはなりますが仕事を辞めてしまうよりましだと言えます。

Page Top