前へ
次へ

夏に肩こりの症状が強くなる時の原因

夏に起こりやすい体の不調として夏バテがあり、暑さによる食欲不振や冷房などが原因になることがあります。日本の夏は世界的に見てもかなり暑いようで、事務所などで仕事をするときに冷房がなくてはとてもいられないでしょう。しかしあまり冷房が強すぎると体が冷えてしまい、それが原因で血行不良が起きることがあります。筋肉量が男性に比べて少ない女性は特に冷えを感じやすくなり、そこから肩こりに発展することもあります。もし夏に肩こりの症状が強くなるなら原因として冷房が挙げられるでしょう。解消するためには冷房の温度を調整する必要がありますが、会社によっては一人のために冷房温度を上げたり下げたりができないときもあります。そこでしっかり冷房対策をして仕事をすることを考えましょう。寒く感じるなら上着などを羽織るようにし、さらに肩から首にかけてが冷えないよう布などを当てておくと良いでしょう。冷気が直接当たる席にいる人なら席替えをすると良いかも知れません。

Page Top